優秀論文賞委員会

優秀論文賞委員会
役職 氏名 役職 氏名
委員長 村上 信五
委員 新井 一 委員 齊藤 延人
委員 上田 晃一 委員 春名 眞一
委員 甲村 英二    

日本頭蓋底外科学会の優秀論文賞に関する内規

1.趣旨
頭蓋底外科学の発展と若手頭蓋底外科医の育成を目的として、学術雑誌に掲載された頭蓋底外科に関する論文の中から優秀なものを選び、その著者に優秀論文賞を与える。
2.選考対象および基準
45歳以下の本学会会員が筆頭著者となり前年に掲載された頭蓋底外科に関する国内外の学術雑誌の原著論文を対象として、原則として4編(脳神経外科学分野2編、耳鼻咽喉科頭頸部外科学分野1編、形成外科学分野1編)を選出する。なお、その他の分野は脳神経外科分野に含めて選考の対象とする。
3.選考方法
1)あらかじめ、理事長、理事および評議員からそれぞれの所属する分野における優れた頭蓋底外科関連の論文を、3編を上限として推薦してもらう。
2)機関誌・学会賞委員会において、推薦数の多い論文を脳神経外科分野から4-6編、耳鼻咽喉科頭頸部外科分野および形成外科分野からそれぞれ2-3編を適宜選択し、優秀論文賞候補とする。その際、著者の年齢が投稿時に満45歳を越えている論文は除外する。
3)これらの論文の中から、理事長および全理事に各自の分野において最も優秀であると思われる論文を1編選び、投票してもらう。
4)得票数の高かった脳神経外科分野2編、耳鼻咽喉科頭頸部外科分野1編、形成外科分野1編の論文に対し優秀論文賞を授与する。ただし、優秀論文賞に値する論文が少ない場合には、選出論文数を減らすあるいは該当論文なしとする場合もある。優秀論文賞の最終決定についてはメール理事会で承認を受ける。
4.表彰
1)優秀論文賞受賞者に対し、日本頭蓋底外科学会総会にて表彰状と副賞を授与する。
2)同学会において、受賞講演を行う。
追記:
1)選考に際して、理事長、理事および評議員は自ら関係している論文を投票の対象としない。ただし、論文推薦はできる
附則:
1)この内規は平成23年6月15日から発効する。

日本頭蓋底外科学会優秀論文賞受賞一覧

脳神経外科分野
H18年度 清水 暁 横浜市立脳血管医療センター Risk of damage to the endolymphatic sac and duct during removal of the posterior meatal wall: an anatomic study.
Neurosurgery 59:435-440,2006
H19年度 中尾 直之 和歌山医科大学脳神経外科 Sublabial transnasal approach combined with a partial resection of the nasal floor for midline skull base tumors.
Journal of Clinical Neuroscience (14)267-272,2007
H19年度 酒井 圭一 信州大学脳神経外科 Analysis of immunohistochemical expression of p53 and the proliferation marker Ki-67 antigen in skull base chordomas: relationships between their expression and prognosis.
H20年度 岡田 健 愛知厚生連海南病院脳神経外科 En bloc petrosectomy for malignant tumors involving the external auditory canal and middle ear: surgical methods and long-term outcome.
H20年度 市村 真也 慶應義塾大学脳神経外科 Four subtypes of petroclival meningiomas: differences in symptoms and operative findings using the anterior transpetrosal approach.
H21年度 安達 一英 慶應義塾大学脳神経外科 ABC surgical risk scale for skull base meningioma: a new scoring system for predicting the extent of tumor removal and neurological outcome. J Neurosurg 111:1053-1061,2009
H21年度 大澤 成之 北里大学メディカルセンター病院脳神経外科 Microsurgical and endoscopic anatomy of the vidian canal. Neurosurgery,64:ons 385-ons412,2009
H22年度 一ノ瀬 努 八尾徳州会総合病院脳神経外科 The role of radical microsurgical resection in multimodal treatment for skull base meningioma. J Neourosurg 113(5):1072-8,2010.
H22年度 武藤 淳 国際医療福祉大学三田病院 脳神経外科 Meckel's cave tumors: relation to the meninges and minimally invasive approaches for surgery: anatomic and clinical studies. Neurosurgery 67: 291-298, 2010
H23年度 大場 茂生 慶應義塾大学脳神経外科 Long-term surgical outcome and biological prognostic factors in patients ,with skull base meningiomas. with skull base meningiomas.
H23年度 大石 誠 新潟大学脳神経外科 Presurgical simulation with advanced 3-dimensional multifusion
volumetric imaging in patients with skull base tumors.
Neurosurgery 68: 188-199, 2011
H24年度 大宅 宗一
東京大学脳神経外科 Significance of Simpson grading system in modern meningiomaSurgery : integration of the grade with MIB-1 labeling index as a key to predict the recurrence of WHO Grade I meningiomas
Journal of Neurosurgery、vol. 117, pp 121-128, 2012
H24年度 金 太一
東京大学脳神経外科 A new strategic neurosurgical planning tool for brainstem cavernous malformations using interactive computer graphics with multimodal fusion images Journal of Neurosurgery、vol. 117(1):78-88, 2012
H25年度 國廣 誉世
大阪市立大学脳神経外科 Surgical outcomes of the minimum anterior and posterior combined transpetrosal approach for resection of retrochiasmatic craniopharyngiomas with complicated conditions Journal of Neurosurgery、vol. 120, pp 1-11, 2014
H25年度 大石 誠
新潟大学脳研究所 脳神経外科 Interactive presurgical simulation applying advanced 3D imaging and modeling techniques for skull base and deep tumors,Journal of Neurosurgery、vol. 119:94-105, 2013
H26年度 松島 健
東京医科大学脳神経外科 Suprajugular extension of the retrosigmoid approach: microsurgical anatomy.J Neurosurg. 2014 Aug;121(2):397-407
H26年度 森迫 拓貴
大阪市立大学脳神経外科 Petroclival meningiomas resected via a combined transpetrosal approach: surgical outcomes in 60 cases and a new scoring system for clinical evaluation.J Neurosurg. 2015 Feb;122(2):373-80. doi: 10.3171/2014.8.JNS132406. Epub 2014 Nov 7.
耳鼻咽喉科・頭頸部外科分野
H19年度 古宇田 寛子 東京医科歯科大学耳鼻咽喉科 Facial dismasking flap for removal of tumors in the craniofacial region.Laryngoscope. 2007 Sep;117(9):1533-8.
H20年度 三浦 弘規 国際医療福祉大学三田病院頭頚科 顔面神経・下顎骨を保存する側頭下・中頭蓋底へのアプローチ。頭頸部癌,34:265-269,2008
H22年度 白倉 聡 埼玉県立がんセンター 頭頸部外科 Parapharyngeal space tumors: Anatomical and image analysis findings. Auris Nasus Larynx 37(5):621-625, 2010.

H23年度 大野 十央 武蔵野赤十字病院耳鼻咽喉科 The approaches and outcomes of skull base surgery for pediatric
sarcoma after initial therapy.
Auris Nasus Larynx 38: 208-214, 2011
H24年度 山田雅人
青梅市立病院耳鼻咽喉科
Surgical management of a case of large juvenile nasopharyngeal
angiofibroma invading the infratemporal fossa with intracranial extradural parasellar involvement in an 8-year-old boy.
Auris Nasus Larynx 39:341-344,2012.
H25年度 高田雄介 東北大学耳鼻咽喉科
Giant cell reparative granuloma of the temporal bone successfully resected with preservation of hearing,The Journal of Laryngology & Otology 1 :41-44,2013.
H26年度 山田雅人 東京医科歯科大学耳鼻咽喉科 Surgery for juvenile nasopharyngeal angiofibroma with lateral extension to the infratemporal fossa.Auris Nasus Larynx. 2014 Aug;41(4):359-63. doi:
10.1016/j.anl.2014.02.009. Epub 2014 Mar 28. PubMed PMID: 24685728 359-63.
形成外科分野
H18年度 大場 創介 大阪医科大学形成外科 前頭蓋底部に存在するFibrous Dysplasia の視神経管径の解析.日本形成外科会誌26:19-24.2006
H21年度 矢野 智之 東京医科歯科大学 形成外科 両側dismasking flapアプローチにおける前方茎pericranial flapを用いた前頭蓋底再建の経験。日本頭蓋顎顔面外科学会25-1:68-74,2009
H23年度 矢野 智之 東京医科歯科大学形成外科 Review of skull base reconstruction using local regional flaps and free flaps in children and adolescents.
Skull Base 21: 359-364, 2011
H24年度 矢野 智之 東京医科歯科大学形成外科 Surgical management of a case of large juvenile nasopharyngeal
angiofibroma invading the infratemporal fossa with intracranial extradural parasellar involvement in an 8-year-old boy.
Auris Nasus Larynx 39:341-344,2012.
H25年度 該当者なし    
H26年度 該当者なし    
事務局
〒160-8582
東京都新宿区信濃町35
慶應義塾大学医学部脳神経外科内
TEL 03-5363-3807
FAX 03-3358-0479
e-mail:nao@z5.keio.jp